墓地の相続はどうする?

墓地とは、「墓地・埋葬に関する法律(墓埋法)」という法律で意味が記されています。墓埋法では、「知事の許可を受けた区域」とされています。これから分かるように、知事の許可がなければ墓地を持つことはできないことになっています。

墓地の種類と相続について

墓地・墓石・仏具等は「祭祀財産(さいしざいさん)」と呼ばれます。祭祀財産とは、先祖から受け継いだ墳墓・祭具をいい、基本的には相続の対象にはなりません。

祭祀財産を受け継ぐ人のことを「祭祀承継者」と一般的に呼んでいます。「受け継ぐ」ということは、逆にいえば相続という意味でも捉える事ができますが、墓地の場合の相続は「使用権」を受け継ぐという意味で捉えれば分かりやすいと思います。

墓地の種類

(ア)個人型墓地

個人が自己の土地に墓地を設けている形態のことです。例えば、地方の旧家へ行くと自宅の敷地内へ墓地を設けて墓石を建立しているケースがあります。しかし、現在の法律では自宅の敷地内に墓地を設けることはできないので、この形態は特殊なものと言えます。

(イ)寺院型墓地

同一の宗派の信徒のみで造られた共同型の墓地のことです。これは、寺院の経営する墓地が多く、使用するにはその寺院の宗派に属していなければならないという条件付きの墓地です。

(ウ)事業型墓地

都道府県や民間の法人(宗教法人等)が運営している共同型の墓地のことです。これは、異なった宗派の信徒でも使用できる点が寺院型墓地と異なってきます。例えば、「○○霊園」と名称の付いた墓地が該当します。

墓地相続

墓地の相続

(1)祭祀財産 

墓地・墓石・仏具等は「祭祀財産(さいしざいさん)」と呼ばれます。祭祀財産とは、先祖から受け継いだ墳墓・祭具をいい、基本的には相続の対象にはなりません。

(2)承継

祭祀財産を受け継ぐ人のことを「祭祀承継者」と一般的に呼んでいます。「受け継ぐ」ということは、逆にいえば相続という意味でも捉える事ができますが、墓地の場合の相続は「使用権」を受け継ぐという意味で捉えれば分かりやすいと思います。

では祭祀承継者はどのように決めるかと言いますと、被相続人の遺言または口頭の指定で決めることができます。

このように墓地の相続は、その地方の風習や慣習によって違いがあるので、厳しい法律は規定されていません。

HOME | 遺産分割協議について | 土地相続時の名義変更 | 特殊な土地相続 | 借地権の相続 | 農地の相続 |
作農地の相続
| 墓地の相続 | 相続土地の売却と税金 | 国際間での土地相続
Copyright Quantis,inc. All rights reserved.

privacy