特殊な土地相続のケースとは

例えば、身寄りのないお年寄りが死亡して誰が相続人か分からない場合等があります。この場合には、 相続財産法人というものが作られます。相続人の代わりに相続財産を管理する、いわば相続財産管理人のようなものです。

土地の相続人がいない場合

また、誰でも親族に相続人がいるとは限りません。親族ではないけど、長年生活を共にした親しい人もあると思います。

このように被相続人と特別の関係にあった者、つまり特別縁故者へも相続ができる場合があります。

(1)相続財産法人

相続財産法人というものが作られます。相続人の代わりに相続財産を管理する、いわば相続財産管理人のようなものです。

(2)申立て方法

(ア)申立て人

利害関係人(被相続人と一定の関係があった人)が申立てます。例えば、被相続人の債権者等が該当します。

(イ)申立て場所

被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に申立てます。例えば、申立人が東京に住んでいても、被相続人が大阪に住んでいれば大阪の家庭裁判所となります。

(ウ)期間

相続財産管理人が選任されたことを、家庭裁判所は広告します。もし、6ヶ月を過ぎても相続人が現れない場合は、国の財産になります。

土地相続計算

 

特別縁故者への相続

(1)特別縁故者とは

誰でも親族に相続人がいるとは限りません。親族ではないけど、長年生活を共にした親しい人もあると思います。このように、被相続人と特別の関係にあった者、つまり特別縁故者へも相続ができる場合があります。特別縁故者の要件は以下の通りです。

・被相続人と生計を同じくしていた。

・被相続人の療養看護に努めていた。

・その他、被相続人と特別の関係にあった。

(2)申立て

自分が、被相続人と特別縁故者であるということを申し立てなければなりません。

(ア)申立て人

被相続人と特別の関係を有する者

(イ)申立て先

被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に申立てます。

(ウ)期間

相続財産管理人を立てる方法でも相続人が見つからなかった時から3ヶ月以内に申立てます。

尚、この方法でも申立人が特別縁故者と認められなければ、被相続人の土地財産は

国の財産となります。

このように、相続人がいない場合でも、故人が残した財産は無駄とならないようになっています。

HOME | 遺産分割協議について | 土地相続時の名義変更 | 特殊な土地相続 | 借地権の相続 | 農地の相続 |
作農地の相続
| 墓地の相続 | 相続土地の売却と税金 | 国際間での土地相続
Copyright Quantis,inc. All rights reserved.

privacy