遺産分割協議書とは

遺産分割が話し合いで成立すると、後で問題が蒸し返しにならないように書面に残しておくべきです。その書面を、「遺産分割協議書」といいます。遺産分割協議書を作っておくと、各相続人は対外的に誰が何をどれだけ相続したかを主張することができます。

遺産分割協議書の書き方

しかし、遺産分割協議書が成立すると内容を撤回することはできません。例えば書き間違えがあって、どうしても遺産分割協議書を書き換える時は、相続人全員の同意が必要になります。

しかし、遺産分割協議書は必ず作らなければならないことはありません。例えば、土地の所有権を変える時などには必要となります。

(1)書く時の注意点

遺産分割協議書は、法律等で決められているものではありません。しかし、法定相続人全員出席のもと、遺産分割協議を行う必要性は法律で定められています。

法定相続人が1人でも欠けると無効になります。また、どうしても法定相続人全員が一堂に会せない時は、電話での協議でも有効です。

一番大事なことは、遺産分割協議書には署名・捺印をしなければなりませんが、これは本人の自筆でなければなりません。

土地相続協議書

(2)相続人が未成年の場合

相続人が未成年の場合、遺産分割協議はできません。この場合は以下のうちどちらかを選び、遺産分割協議を進めます。

(ア)未成年者が成人になってから協議を始める

(イ)代理人(弁護士等)が協議をする

(3)相続人が認知症の場合

相続人が認知症の場合、一時的に意識が回復すれば協議はできます。しかし、回復の見込みがなければ、成年後見人(大人を代理する人のこと)に協議をさせます。

 このように、遺産分割協議書は決められた書き方はありませんが、注意すべき点がありますので覚えておくと便利です。

 

HOME | 遺産分割協議について | 土地相続時の名義変更 | 特殊な土地相続 | 借地権の相続 | 農地の相続 |
作農地の相続
| 墓地の相続 | 相続土地の売却と税金 | 国際間での土地相続
Copyright Quantis,inc. All rights reserved.

privacy