借地権とは

他人から土地を借り、その借りた土地の対価を支払って土地を利用・使用する権利のことです。ですから、借地権は土地の賃借権を意味します。

 

借地権について

借地権は相続の対象となります。借地人である被相続人が死亡して、相続人が相続した場合は相続税・贈与税も納めなければなりません。相続する場合に、地主の承諾は必要ありません。

内縁の夫や妻へは、法定相続人ではないため原則としてできません。 しかし、借地上の建物が内縁の夫や妻の名義である場合や、遺言書で内縁の夫や妻に借地を相続させる旨を書いてあれば、借地権を相続できる可能性があります。

(1)意味

他人から土地を借り、その借りた土地の対価を支払って土地を利用・使用する権利のことです。ですから、借地権は土地の賃借権を意味します。

(2)要件

建物を所有する目的で、借りた土地を利用しなければなりません。例えば、借りた土地の上にアパートを建てて賃貸経営する場合等が該当します。ですから、借りた土地でコインパーキングを運営したり、資材置き場にするような場合は借地権とはいいません。これは、使用貸借(しようたいしゃく)といいます。

また、借地を第三者に渡す時は、地主の承諾が必要となります。

借地権相続

借地権を主張する要件

もし、あなたが土地を借りアパート経営するなら、登記をしていなくても借地権の主張はできます。さらに、地主が死亡しても地主の相続人にも借地権を主張できます。

しかし、地主が第三者に売却した時は借地権の登記が必要となります。

以下の2つが借地権を主張する要件となります。

(1)建物に借地人の登記

借地人は、借地に登記がなくても借地権を主張できます。しかし、借地と建物の名義が違っていれば、借地権の主張はできないことになります。

例えば、土地は夫名義で建物は妻名義というケースです。このような状態ですと、最悪の場合、土地と建物を明け渡さなければならない場合もあります。

また借りている土地の地主が代わった場合、建物に登記をしていなくても、新しい地主が背信的悪意者、つまり何か悪いことを企んでいる場合には建物に登記はなくても借地権は主張できます。

(2)借地上に建物があること

借地上に、登記された建物があれば借地権は主張できます。

このように、他人から借りていても、権利は主張できる方法があるということを覚えておきましょう。

 

借地権の相続

借地権相続の可否

借地権は相続の対象となります。借地人である被相続人が死亡して、相続人が相続した場合は相続税・贈与税も納めなければなりません。相続する場合に、地主の承諾は必要ありません。

内縁の夫や妻への借地権

内縁の夫や妻への借地権は相続できるのでしょうか。原則として、内縁の夫や妻は法定相続人ではないので相続はできません。

しかし、借地上の建物が内縁の夫や妻の名義である場合や、遺言書で内縁の夫や妻に借地を相続させる旨を書いてあれば、借地権を相続できる可能性があります。

名義書換料

名義書換料とは、被相続人が死亡し相続が始まったとか、贈与で名義が変わる時に払う金銭のことです。

借地人側が相続する時に、名義書換料を催促する地主もあります。しかし、法律上は支払う義務はありません。また、地主側で相続が行われ名義が変わった時でも名義書換料を払う義務はありません。

しかし、借地権を第三者に渡す場合は、地主の承諾が必要です。この時に、「承諾料」というものを払うのが一般的です。

名義書換料はあくまでも慣習ですので、地主さんとよく相談して払うか払わないかを決めるものです。

このように借地権は相続できますが、名義書換料など地主側の習慣もありますので、

相続する際は地主とよく話し合ってから事を運んでください。

 

HOME | 遺産分割協議について | 土地相続時の名義変更 | 特殊な土地相続 | 借地権の相続 | 農地の相続 |
作農地の相続
| 墓地の相続 | 相続土地の売却と税金 | 国際間での土地相続
Copyright Quantis,inc. All rights reserved.

privacy