名義変更とは

名義変更とは、土地などが相続によって所有者が変わった時に、所有権者を変える手続きのことです。名義変更は、遺産分割協議が終わっていない場合は進めることができません。さらに、名義変更していないと、所有権者としての法的な効果がありません。

名義変更に必要な書類

申請は相続する土地を管轄する法務局に申請します。例えば、あなたが東京に住み、相続する土地が大阪にあれば大阪の法務局に登記申請します。

もし、申請書類に不備がなければ登記が完了し、名義変更が完了します。

法定相続分で相続する場合

・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本

・相続人の戸籍謄本と住民票

・相続土地の固定資産評価証明書

尚、これらの書類すべては市町村役場でもらえます。

遺産分割協議で基づいて相続する場合

・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本

・法定相続人の戸籍謄本と住民票

・相続する土地の固定資産評価証明書

・相続人の印鑑証明

・遺産分割協議書

土地相続名義変更書類

 

名義変更が必要となる理由

遺産分割協議が終わり、相続する土地が自分のものになっても、それだけでは第三者に対して「自分の土地になった」とは言えません。

「自分の土地になった」というためには、第三者に対して「所有権」を取得したことを主張できるようにならなければなりません。

そして、名義変更をすると所有権が相続人に移転するので、名義変更が完了しそこで初めて「自分の土地になった」と言えるのです。

 名義変更が終わっていないと、土地の売買や銀行からお金を借りる際に担保にするといったこともできません。さらに、最悪な場合には第三者によって差押えをされる恐れもあります。

 このように、名義変更は義務ではありませんが、後々のために必ずするようにしましょう。

HOME | 遺産分割協議について | 土地相続時の名義変更 | 特殊な土地相続 | 借地権の相続 | 農地の相続 |
作農地の相続
| 墓地の相続 | 相続土地の売却と税金 | 国際間での土地相続
Copyright Quantis,inc. All rights reserved.

privacy